エゴイプセビライズの危険性

危険性は?エゴイプセビライズの全成分の効果や副作用を徹底解析!

 

この記事ではエゴイプセビライズの危険性についてまとめています。

 

ビライズに含まれている全成分を調査してみた結果、副作用の危険度が高いようなものは使われていないようでした!

 

エゴイプセビライズに使われている全成分が気になっている人はこの記事を、とりあえず安全性を確認したかっただけ!という人は一番お得な公式サイトを確認してみましょう。

 

 

成分名 危険性 効果
化粧品の成分には精製水が使用されるのが通常です。細胞自体を活性化させる効果などがあります。
BG 低刺激性で、保湿と抗菌ができることが特徴の成分です。グリセリンよりもベタつかず、サラっとした使用感です。
ペンチレングリコール 皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用、抗菌・防腐による製品安定化剤として使用されています。
PEG/PPG/ポリブチレングリコール―8/5/3グリセリン 水溶性保湿油という新たなコンセプト原料であり、水性から油性まで幅広い製剤への応用が可能な成分です。
ヒトオリゴペプチド―1 表皮細胞成長因子で、ターンオーバーを司る表皮幹細胞に指示を出し、表皮細胞を増殖させる働きをしています。
ヒトオリゴペプチド―5 肌の弾力を保つのに必要なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、SOD(抗酸化物質)などを活性化します。
ヒト脂肪細胞順化培養液エキス コラーゲンやヒアルロン酸が増殖して、肌の再生を促します。再生医療の現場でも注目されている成分です。
カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル アミノ酸(グルタミン酸系)の誘導体です。極微量で皮膚細胞を活性化しコラーゲン・エラスチンを産生促進します。
プラセンタエキス 肌細胞の増殖や分化を促進、皮膚組織の再生・回復、新陳代謝の向上、肌のハリ向上効果などがあります。
トコフェリルリン酸Na ?油溶性ビタミンE誘導体の一種で、 優れた肌荒れ防止効果や活性酸素の除去、保湿効果、水分保持機能なとがあります。
グリチルリチン酸2K 漢方の原料としても知られる甘草の根に含まれる成分です。炎症を抑え、肌荒れに効果を発揮します。
アラントイン 肌荒れやニキビの赤みを抑える消炎効果や、細胞の活性化に高い効果があります。
オタネニンジン根エキス 肌の再生や細胞賦活、線維芽細胞増殖促進など複数にまたがって肌の老化をくい止める働きがみられる成分です。
ソメイヨシノ葉エキス ヒスタミンの抑制作用や接触皮膚炎に対する抑制作用などの抗炎症作用があります。
ヘキシル3―グリセリルアスコルビン酸 製品の抗酸化剤として使用されています。メラニンとコラーゲン研究から生まれたビタミンC誘導体です。
アルブチン ビタミンCと合わせて使うと効果が高まります。シミがそれ以上、濃くなるのを防ぐ効果があります。
クチナシ果実エキス 消炎作用や鎮静作用、保湿作用、色素沈着抑制作用などがある成分です。
ローマカミツレ花エキス 鎮静作用のあるエステルの含有率が高いので、ストレス解消や不眠に効能がある成分です。
チョウマメ花エキス 抗酸化作用が高いポリフェノールの一種であるアントシアニン色素が豊富に含まれ、老化を防ぐハーブとして注目されています。
ヤグルマギク花エキス 紫外線による皮膚絵障害・炎症、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎などに対して改善効果が期待できる成分です。
セラミドEOP 外部からの刺激に対し、バリア機能として働くというのが特徴です。質層の細胞間脂質を互いに繋ぎ合わせます。
セラミドNP セラミド3のことです。皮膚と同じ構造をしており、保湿効果やバリア機能回復効果に優れてます。
セラミドAP セラミド6のことです。ピーリング作用をもったAHAと同じ作用があります。
フィトスフィンゴシン 肌への浸透性を高めます。角質細胞の表面を膜状になって包み、角質の接着や保水の役割をします。
ヒアルロン酸Na 保湿成分の代表選手です。角質層の水分量を高めながら、しっとり感やなめらか感を感じさせる保護膜をつくります。
PCA 天然保湿因子に存在するグルタミン酸がプロリンオキシダーゼという酵素によって変換されてできるアミノ酸代謝物です。
PCA―Na 角質層の保湿成分であるNMF(天然保湿因子)の約12%を占めるPCA(ピロリドンカルボン酸)のナトリウム塩です。
アラニン 角質に含まれる天然のアミノ酸です。保湿成分、角質層のバリアー機能を高める働きがあります。
アルギニン 成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。また角質層を保湿する効果などがあります。
アスパラギン酸 角質層の水分量増加による保湿作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用などがあります。
イソロイシン 角質層の保湿や柔軟目的として、ほかのアミノ酸など天然保湿因子組成成分と配合されています。
グリシン 皮膚のタンパク質に水分がくっつきやすくなる効果があります。肌のキメを整え、毛穴を改善する美肌作用があります。
セリン 保湿効果が高く、皮膚に柔軟性や弾力性を与えます。サラサラで健康な髪を作るために配合されています。
トレオニン 角質層の保湿や柔軟目的として、ほかのアミノ酸など天然保湿因子組成成分とともに配合されています。
バリン 角質層の保湿や柔軟目的で天然保湿因子モデルを再現するために他のアミノ酸など天然保湿因子組成成分とともに配合されます。
ヒスチジン 角質層の保湿や柔軟目的として、ほかのアミノ酸など天然保湿因子組成成分とともに配合されています。
フェニルアラニン ドーパミンなどの興奮性の神経伝達物質をつくり出す必須アミノ酸です。保湿効果に優れています。
プロリン 高い経皮吸収性と保湿性をもち、皮膚のハリ、弾力性を増加させ皮膚の柔軟性を改善させます。
乳酸 穏やかなピーリング作用、 収れん作用、pH調整による緩衝作用などがあります。
乳酸Na 優れた保持力、乾燥から肌を守り、潤いを与えみずみずしい肌へ導きます。殺菌、抗酸化作用もあります。
リンゴ酸 皮膚の生まれ変わりを促進し、古くよどんだ皮膚を排出、そしてメラニン産生を予防する成分です。
グリセリン 多価アルコールと呼ばれるアルコールの一種です。水に溶けやすい性質で、吸湿性も持ち合わせています。
(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル―10 任意の濃度で水にクリアに溶解しながら、水分蒸散抑制や使用感向上等の加脂肪剤の効果を付与することができる成分です。
オリーブ果実油 水分を抱え込む性質があるので高い保水効果を発揮し、肌を柔らかくして水分の蒸発を防ぎます。
コレステロール 保湿、バリア改善作用、エモリエント作用、 リポゾームの脂質安定化作用などがあります。
(クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル グロースファクターを豊富に含んだヒト脂肪由来の幹細胞培養液を10%濃度でリポソーム化して安定化させた成分です。
1,2-ヘキサンジオール 植物グリセリンと同程の安全性の保湿剤成分です。他の保湿剤よりも抗菌性力に優れています。
カプリリルグリコール 無色透明の液体でグリセリンと同等の保湿力がある保湿剤です。抗菌性に優れている多価アルコールです。
ポリソルベート60 乳化安定剤です。優れた乳化効果があり医薬品にも使用されている、安全性が高い成分です。
PPG-13デシルテトラデセス―24 水に若干の油性感を与え肌のすべり感を向上させた、ポリオキシエチレンが重合した水溶性高分子です。
ラウロイルラクチレートNa ヒト型セラミド原料に初めから入っている成分です。化粧品には乳化剤として使用されています。
キサンタンガム 粘性のある天然の食品添加物です。増粘剤として使用され口臭予防効果があります。
カルボマー 皮膚上でサラッとした感触の良さから、増粘剤の中では最も広く使用されている成分です。
トロポロン 強い抗菌活性と広い抗菌スペクトルがあります。また金属に対して強い腐食性を有していることも知られています。
フェノキシエタノール 殺菌作用があり、グラム陰性菌に対し特に有効です。化粧品への配合は1.0%以下です。

 

副作用危険度:当サイトの基準で作成

 

エゴイプセビライズに使われている成分の効果、さらにその副作用の危険性を調べてみました。

 

一覧を見てわかる通り、エゴイプセビライズには危険性が高いような成分は使われていません!

 

副作用があると言われているフェノキシエタノールは少量であれば問題は無いので、心配する必要は無さそうです。

 

敏感肌で副作用が心配な方はまずはじめに少量でのパッチテストを念のため行いましょうね。

 

エゴイプセビライズにはエタノール・旧表示指定成分・合成香料・合成着色料・パラベン・鉱物油などは使われていませんので安心して使えますよ!

 

心配であれば、公式サイトの定期コースで購入すればいつでも解約可能なので定期コースを利用してみましょう!